ヘッダー画像

なぜセルライトはできるの?

ショートパンツを履いたりビキニを着る際に、太ももの裏側などにセルライトが見受けられると周りだけでなく自分も幻滅してしまうものですよね。そんなセルライトは、実は女性の9割に発生するとも言われており、できてしまったら泣き寝入りするか、それともエステで高いお金を払って対策するしかない、なんて思われていたりもする厄介なものと思われているようです。


セルライトというのは、老廃物を巻き込みながら大きく古く硬くなってしまった皮下脂肪のことですが、おしりや太ももにこれが一回できてしまうと、ダイエットでは若干見えにくくすることも可能みたいですがなかなか、ダイエットしても残ってしまうものとしてみんなに嫌な顔をされる物質でもありますよね。ここではそんなセルライトのできる仕組みなどについて、触れてみたいと思います。



セルライトができてしまうわけ

新陳代謝が活発だと、血液とリンパ液の流れはスムーズです。この流れに乗って、栄養や酸素は体の隅々まで行き渡り、不要となった老廃物はリンパ管に流れ込み、またリンパ管で処理できなかった分の水分や老廃物は毛細血管に流れて回収されるのですが、それが滞ってしまうとセルライトができやすくなるようです。脂肪細胞が線維化してしまうと、その上の皮膚が引っ張り下げられて皮膚の表面にも凸凹が出始めるんですよね。



セルライトができやすい状態とは

自分はなぜセルライトができているのか、まずは根本から探ってみましょう!



○ホルモンバランスや自律神経が乱れているとき
○浮腫んでいるとき
○冷え症
○加齢による新陳代謝の低下で血行不良になっているとき
○脂肪細胞の代謝が乱れているとき
○睡眠不足

○運動不足
○肉食
○喫煙
○一度大きくなった脂肪細胞は、そのせいでさらに血管が圧迫されてしまい血行が悪化することで脂肪細胞同士がくっついてかたまりに!!


冷え性だったり、浮腫みやすい方は血液の循環などが悪く、脂肪燃焼にも影響を与えてセルライトを増やしてしまったり、ひどくなってしまったりする傾向があるのだとか。また立ち仕事などの方も、意外と下半身の血行が悪くなってセルライトができやすくなるそうですよ!

また、運動不足などで筋肉が使われないと、細胞への酸素が足りなくなり新陳代謝やリンパ液の流れが滞っていくことに!

 

ホルモンバランスが乱れる時期、生理期間やピルの服用などでもセルライトができやすくなるそうですよ。女性は月に1回は気をつけなくてはいけない時期がある、というわけなのですね。

現代人特有の寝不足生活、不規則な生活はストレスとなって自律神経が乱れたり、代謝機能が乱れてしまって新陳代謝が落ち、セルライトができやすい体質を生む原因にも!?できるだけ規則正しい生活を心掛け、睡眠時間もしっかり撮るようにしたいですね。食生活も、やはり肉食中心や高カロリーな食生活だとセルライトができやすくなるようなので、お野菜中心が安心です。


喫煙も、ニコチンが血管を収縮させて血流を悪くすることがあるため、気を付けたいものですよね。もちろん、加齢で筋力や代謝が低下すると、セルライトが出やすくなりますので、年々セルライト対策は強化する必要があるわけですね。